ブルーオーシャンコンサルティング(BOC)とは

ブルーオーシャン(Blue Ocean)という言葉は、W・チャン・キム (英語版)とレネ・モボルニュ (ドイツ語版)が著したビジネス書「ブルーオーシャン戦略」が語源となっている経営用語で、その会社が属している市場を海に例えて表現したものです

 

ブルーオーシャンは青い透き通った綺麗な海を表しています。誰もがこうしたブルーオーシャンの綺麗な海で泳ぎたいはずです。そしてブルーオーシャンの反対であるレッドオーシャンは赤い海で少し過激な表現ですが血の海です。まさに大分県別府温泉の地獄巡りにあるのと同じですが、ブルーオーシャンとは逆に誰もそこで泳ぎたいと思わないですね。

​この「オーシャン」いわゆる「海」という表現をビジネスで言うとところの「市場」に置き換えて、あらゆる企業ができるだけ「ブルーオーシャン」市場で事業活動ができるよう導いていくのが、ブルーオーシャン経営です。

ブルーオーシャンとレッドオーシャンの違い

​ブルーオーシャン

​市場の考え方

新たな市場を顧客とともに創り上げる

社長をはじめとする会社全体のモチベーション

企業活動は競争ではなく、共創である。

差別化ポイント

競争原理

レッドオーシャン

​社会人口などで、顧客の数は決まっている

企業活動は競争である

ビジネスモデルや仕組みで決まる

このように、ブルーオーシャン(青い海)とレッドオーシャン(赤い海)は企業活動の根本の考え方が全く異なることがわかります。ブルーオーシャンはその業界がどんな業界であろうと、新たな市場が拡大していくという考え方が基本であり、その為企業活動は競合他社との戦いではなく、顧客との共創活動であるという考え方です。そして、そうした活動を支える差別化ポイントは、ビジネスモデルや仕組みだけでなく、社長、社員の人のモチベーションが差別化要因を支えているという考え方である。

ブルーオーシャン経営の変遷

​高度経済成長やバブル期も市場自体がブルーオーシャンだったと思います。技術力やビジネスモデルが優れていれば、それが会社の強みとなって新たな顧客創造を作ることができた時代です

​しかしながら令和の時代のブルオーシャンはもっと人の心の深くに入り込んだ市場創造と考えます

技術力・サービス力

ビジネスモデル

人の心を動かす

​感動させる

ブルーオーシャン経営の進め方

​どのようにしたらブルーオーシャン経営を実現できるのでしょうか。または、そんな夢物語的な経営ができるのでしょうか​。しかしながら、実際にそれらを実行している経営者がいるとすれば、それは夢物語ではないのでしょうか。

 

私が考えるブルーオーシャン経営のフレームワークを説明します。ブルーオーシャン経営は、以下に挙げる4つの視点を統合的に実行していくことが重要となります。それか一つだけ実行するだけではなく、4つ全ての項目に目を配ることがポイントです。

  • 事業コンセプトの視点

  • 生産性の向上の視点

  • 技術力、サービス力の向上の視点

  • マーケティングの視点

1生産性の向上

​効率化・標準化

2技術力

​サービス力の向上

3マーケティング

​事業コンセプト

​ウエストスタート(株) 

LTRバナー.jpg